おすすめサイトの最新記事

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年ジャンプに帰ってきてほしい!漫画家ランキング

2013.11.18

1 名前:yomiφ ★[] 投稿日:2013/11/18(月) 11:22:46.16 ID:???

■あれから10日後――その先を知りたい!

 「少年向けの漫画誌」といえばまず始めに思い浮かべる人が多い『週刊少年ジャンプ』。
数ある漫画誌の中でも高い人気と知名度を誇り、今年で創刊45周年という長い歴史を持っています。
同誌からは数々の人気漫画家が誕生し、卒業をしていきましたが、中には
「ジャンプに帰ってきて!」というファンからの声が今も絶えない漫画家が少なくありません。

1位:井上雄彦  SLAM DUNK
2位:荒木飛呂彦  ジョジョの奇妙な冒険
3位:北条司  キャッツアイ、シティーハンター
4位:和月伸宏  るろうに剣心
5位:原哲夫/武論尊  北斗の拳
6位:小畑健/大場つぐみ  DEATH NOTE、バクマン。
7位:岡野剛/真倉翔  地獄先生ぬ~べ~
8位:うすた京介  すごいよ!!マサルさん、ピューと吹く!ジャガー
8位:高橋陽一  キャプテン翼
10位:ゆでたまご  キン肉マン
11位:江川達也  まじかる☆タルるートくん
12位:許斐剛  テニスの王子様
13位:森田まさのり  ろくでなしBLUES、ROOKIES
14位:桂正和  ウイングマン、電影少女、I"s
15位:新沢基栄  ハイスクール!奇面組
16位:車田正美  リングにかけろ、聖闘士星矢
17位:河下氷希  いちご100%
18位:武井宏之  シャーマンキング
19位:江口寿史  すすめ!!パイレーツ、ストップ!! ひばりくん!
20位:藤崎竜  封神演義

 そんな漫画家の代表とも言えるのが、高校のバスケットボール部を舞台にした漫画
『SLAM DUNK』を1990年から1996年にかけて連載し、一躍人気漫画家に上り詰めた
《井上雄彦》です。現在は剣豪・宮本武蔵が主人公の『バガボンド』を『モーニング』で
連載中ですが、『SLAM DUNK』の連載が唐突な形で終了し、後日談を描いた
黒板漫画『あれから10日後?』公開からも既に数年が経過しているため、
「第二部を描いてほしい」、「また少年誌向けの作品を描いてほしい」という声は
依然として根強いようです。

 続いて人気が高かったのは、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズでおなじみの《荒木飛呂彦》でした。
『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズは、現在も掲載誌を『ウルトラジャンプ』に移して連載が
続けられていますが、長期間にわたってジャンプ誌上で連載されていたこともあり、
ジャンプ読者にとっては「こちらに帰ってきて!」という思いが強いようです。移籍先で
人気シリーズの続きを描き続けている漫画家としては、このほかにも
『キン肉マン』の《ゆでたまご》や『テニスの王子様』の《許斐剛》がいますが、
応援している作品・シリーズの掲載誌が変わったからといって、気軽に愛読している漫画誌は
なかなか乗り換えられないもの。作家の移籍にはそれなりの事情があるとはいえ、
読者にとっては悩ましいところですね。
http://news.mynavi.jp/news/2013/11/15/389/

21位以降はこちら
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/026/kDg6QnsvohOP/p2/

続きを読むにはここをクリック

『けいおん!』ケーキとチロルマグネットを作った職人達が現る

2013.11.18

関連:『けいおん!』ゆいあず誕生会の様子!盛り上がっていた模様!
http://houani.blog118.fc2.com/blog-entry-3005.html

続きを読むにはここをクリック

放課後アニメタイム

有難うございます。検討してみます。

スポンサードリンク

TOP絵頂きました

お世話になってます

Designed by Paroday /  

 

PAGETOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。